読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜けんじろうの教育実習記〜世界一周できるかな?

【世界を舞台に教育実習】をテーマに途上国の教育を学ぶ世界一周をします!世界一周に関する情報・日記を書き連ねていきますよ!

【インド周遊】4000kmインド旅の終わり

【インド周遊4000kmインド旅の終わり】

インド、ブータン、ネパールを巡る二か月の旅が終わった。
ほとんどの思い出がインドだったけれども、この経験は自分の人生を変えたと大げさでなく思う。
 
 
おおよそ4000kmの陸路の移動で、バスと電車、徒歩のみ、地球を一周すると、40000kmほどらしいので4000kmはその十分の一くらい。
 
 
いやー、移動したな。この移動はしんどかったが案外楽しかった。
インドの旅は楽しいことも辛いことも、怒りも悲しみも、戸惑いも驚きも全てが詰まっていた。
こんな国って存在するんやって思えるほど不思議な国でこの国魅了される日本人が多いこともなんとなくわかってしまった。
 
旅をしていく中、駄目な自分に一杯出会う。
 
あー、ああしたら良かったとか、ああしなかったら良かった事を考えてしまう事も多くて、自分ってちっさいなと思う。
そんなちっさな自分が旅できているのは、単にお金があるからと、助けてくれる人がいるからであって、自分がすごいからでも何でもない。
 
当たり前だけれど、そんな事実に気が付いてしまって、周りの人に対する感謝はもちろん生きていることに対する奇跡を感じて、
それって、幸せとしか形容できないことだよなと噛みしめる。
 
 
人との出会いも同じくそうで、睡眠薬を飲ませてきたインド人を含めて色んな人に出会えてよかったと思う。極端な話だけれど。
人生が80年として、その中で何らかの接点を持つ人に出会う数は三万人だそう。出会う確率は人類72億人とした場合、240000分の一らしい。
 
凄い確率で出会い。そして色んな意味で助けてもらっている。今回のインド旅での大きな収穫の一つと言えるだろう。
 31/10/2016

 

 

【インドについて】

 
インドは凄い国だ。インド人にひどい目に合わされてもインド人に救われる。
インド人のひどい日本語をバラナシで聞いてもインド人の丁寧な日本語をデリーで聞いた。
たまたま、関学(私の大学)のプログラムに参加するためにデリーに来ていた友達が、ネルー大学に招待してくれて、インドでの日本語研究の学会をオブザーブさせていただいた。
インド人の日本語研究の学会であり、宮沢賢治の『アメニモマケズ』をインド国内の様々な言語に翻訳し朗読していた。ベンガル語もあれば、タミル語もあり、ヒンディー語もあれば、ウルドゥー語もある。全て朗読がすばらしく、何よりも朗読される先生方の日本語が非常に丁寧であった。それは町中のインド人が発するような、物を売りつけるためだけの空疎な日本語とは次元が明らかに違い。インド人の幅広さに改めて驚かされた。
インドの濃厚な歴史と文化は人々を魅了して止まず。
この時にインドが心底嫌いでありながら、いつしかインドが心底好きになってしまった自分に気が付いた。
いつか、また帰りたい。そう思う。
そういえば、丁度一年前ほどに、サークルの先輩にGo to India と煽られていた気がする。
 
Went to Indiaとようやく言えるようになった。
FBより引用 31/10/2016

 

 

【イエローカードが無くなった!?】黄熱病の予防接種を二回受けたら死にますかね?

日記 世界一周

 

どーも、けんじろうです!
インド→ブータン→インド→ネパール→インドというルートを得て戻ってきましたインドです!

 
帰って来た率直な感想は。。。

臭い・汚い・うるせぇ・人多い

とにかくウゼェ

けれど、一ついう事があるとすれば、やっぱりこの国を嫌いになれないという事。
いるだけで、アトラクションに乗ってる感じやし、うるせぇとにかくうぜえ。
インドにハマる人の気持ちもわかるわぁ。けど、インド大っ嫌いな人の気持ちもわかるわぁ。


インドに帰ってきた理由は、デリーから次の目的地へ飛び立つためと、

黄熱病の予防接種を打つためです!

あれっ、タイのバンコクで予防接種打ってなかったっけな〜〜???
はい、睡眠薬強盗に会った時に、盗まれた貴重品の袋にバッチリ入っておりました、イエローカード

 

(@^^)/~~~ばいばい

 

イエローカードとは、黄熱病の予防接種を受け事を証明する紙の事を指します。
サッカーは関係無いよ

 

そうです、、、イエローカードが無いと、アフリカの国に行けないのです。
現在、イエローカードが、無いと入国出来ない国は、アフリカと南米に多く、アフリカの場合入国は出来てもその次が大らしいです。


黄熱病に掛かる疑いがある国から来た旅行者が第三国に入国の際にイエローカードーを提示出来ないと、入国を許可してもらえないそう。

再発行を考えておりましたが、僕がこの予防接種を打ったのはタイランド

えー、ワザワザそのためだけにタイに戻るのー

うーん

残りの期間、ずっと東南アジアに居そうな悪夢を見そうやし、往復の飛行機代高いよね。

 

とゆーわけで、インドで再び黄熱病の予防接種打つつもりですが、、、

大丈夫ですよね?

二回目打っても死にませんよね?

ちなみに、きになるお値段は

600円らしいです!!!

はい、死んだ〜、気持ち的に死んだ〜

とゆーわけで、強烈な人体実験になるかもしれませんが、インドで黄熱病の予防接種行ってみまーす!!!

が、本当に人体に影響があるとか知ってる人は早めに教えてくださいお願いしますm(_ _)m

 

以下のサイトを参考にしております。

www.yusukeyamada.com

 

 

 

【強襲の詐欺師】コルカタで睡眠薬強盗にあったらどうなるのか?実際にあってみた!②

これを言わずに死ねるか 睡眠薬強盗 どうしたらええんや! 世界一周

どーも、けんじろうです!前回に引き続き睡眠薬強盗に遭遇したお話です。

反響が大きくて、びっくりしました。更新はゆっくりです!気長にお待ち下さい

 

前回の記事

tabiton.hatenablog.com

 

風光明媚な観光地、そこに詐欺師はいた

夜行列車でやって来たばかりで少し疲れていましたが、外を散策する事にしました。なんたってベンガルバングラとどれほど違うのか見てみたいという気持ちがあったのです。

サダルストリートの安宿に荷物を置くより持っていた方が安全と考えたため、貴重品を持っていく事にしました。

 

f:id:nakatarozz:20160929170101p:plain

散策していると、なんだか大きくて立派な建物が見えてきました。

 

ビクトリアメモリアルというのがこの場所の名前です。ここの芝生に寝転がってゆったりとしていました。インドにしては小奇麗な場所で、中々素敵なところです。

 

芝生でゆっくりしていると、、、、

 

???「あのー写真とってもらっていいかな?(英語)」

 

小太りのインド人(以下小太りと書きます)に声をかけられます。観光地で写真をお願い事はありがちなので快く引き受け写真を撮ってあげると、感謝を言って去っていきました。

 

 

ここから恐怖の小太り劇場が始まります。

 

f:id:nakatarozz:20160930015428p:plain

※画像はイメージです。犯人の髭もターバンも着けていませんでした。腹が立つインド人の画像を探したらこいつが出てきました。

 小太りが言った、外国人を騙すのは良くないと

なぜかもう一回帰ってくる小太り

小太り「もう一回写真とってもらってもいいかな?」

 前の写真が気に入らなかったのかと思って写真をもう一回とってやると、出身は何処かとか聞いてきます!写真撮った後に色々聞いてくるインド人にありがちなパターン。

小太りはバンガロール(南インド)出身の旅人と言っていて、ジョードプル、アーグラ、デリー、バラナシを旅してきてコルカタに来たと言っていました。

そして、サダムストリートの3000ルピー宿に泊まってると言ってましたねそういえば。

天気が徐々に悪くなってきてじゃあ宿に帰ろうかとなった時に、


奴が言いました。「せっかくにインドに来てくれたのだから、コーヒーでもご馳走させて欲しい」

「良かったらマックにいかないか?」

この際、別にマクドであろうがマックあろうが表している場所はただ一つ

マクドナルドです。

f:id:nakatarozz:20161002181437p:image

パークストリートのマクドナルドこそが、僕が被害にあった犯行現場です。

その時、マックに行くのは悪くないかなと思ってしまいました。別に奢ってくれなくていいから、マックへ行こうかと言って一緒にマックへ向かったわけです。

タクシーを捕まえる算段で、タクシーと交渉してくれた彼は、ドライバーを相手に怒り出します。

その理由は、

「インド人だったら100ルピーで行ける距離を相手が外国人だったら、もっとお金を取ろうとする。そういう事をするのは良くないと思う」

 

いい事言うやん!けど、、、

お前が言うなーー!!!

いまだったら大声で言ってやりたい。

 

途中雨が降ってきて、、、

タクシーでマックへと向かいます。タクシー代はあいつが出しました。

到着後、奴がコーヒー買ってくるからと充電中のスマホ見ていてくれと言ってケータイを置いて行きました。

この時にふと睡眠薬強盗の話は頭に過ぎったのですが、

「まさか、自分がかかる事はないだろう」と思ってまいましたね。

奴が持ってきた、コーヒーを一口飲んで、アレ、苦いなんかおかしいぞ。

っと思った時には記憶を失っていました。

起きたのはおそらくそれから、3、4時間後。

おそらくと言ったのは、事件の前後の記憶が酷く曖昧だからです。

この後、身につけていたメガネまで奪われた僕は、朦朧とした頭と目で必死にポリスを探す事になります。

 

小太りの怪しかったポイントを列挙してみた!

それでは、小太りの怪しかったポイントを挙げて行きましょう!

 

怪しかったポイント①英語が聞き取りやすかった!

インド人って英語出来るとか聞きますけど、奴らの話す英語ってホンマに聞き取りにくいです。そんな中で奴の英語はとても聞き取りやすく会話しやすかったです。騙すために聞き取りやすく話している可能性もおそらくあるのでしょうね!

怪しかったポイント② 家族への愛を語っていた!

いい人アピールだとおもうんですが、頻繁に家族の話をしていました。自分は家族の事が好きだとか、みんなに早く会いたいし、コルカタは故郷じゃないから辛い、父親も母親も尊敬してる的な事も言っていました。

今思えば、脈略なく言ってたのでその不可解さに気がつくべきでした。

怪しいポイント③ ご飯奢ると言っており、羽振りが異常によかった!

「君は海外からやってきたお客様だからインド人としてご馳走してあげたい」

これは小太りが言っていた言葉です。

いま、思えば怪しすぎだよなぁ〜。

また、身なりもしっかりしていて、ケータイも二台持ち、インド人の中でもお金持ちなのだと思ってしまって、金持ちのインド人だから、セコセコしてないのかなと思ってしまいました。単純に心を許させる為にしてたんでしょうね。

 

怪しいポイント④ 雨が降ってきてから急いでいる様子だった。

雨が途中で降ってきた後、こちらの行くの面倒くさい雰囲気が伝わったのか、焦ってタクシーを拾おうとしていました。

いま思えば、獲物を逃さない為に必死にタクシーを探していたんでしょうが、この時は親切で探してくれてると思ってましたね。

 

睡眠薬強盗を避けるポイントは?

 

 

ちなみに、今回の似たような場所で、事件にあった友達のブログです。彼もパスポートの被にあっており。詐欺師の言っていることもとても類似しております。グループ班もしくは同一犯の可能性もあります。興味がある方はご一読下さい。

 

 

 こんなありふれた手に引っかかるかよ、そう思っている人が一番危険です。

 

 

はい、私です(実体験)

気をつけるポイントは、

簡単なようで難しいですが。

 自分は大丈夫だと信じすぎないことではないでしょうか?

自分はもう何ヶ月も旅してきたという過信が、直感を鈍らせたように感じます。

自分はインドの事を何も知らないと言う謙虚さで旅を続けるのがベターですね。おそらく!

 最後までお読みいただきありがとうございました!

さて、次回は睡眠薬強盗あった直後にポリスステーションに行く話をかけたらいいなぁ〜

 

 

【インドの洗礼】コルカタで睡眠薬強盗にあったらどうなるのか?実際にかかってみた!①

これを言わずに死ねるか 睡眠薬強盗 世界一周 どうしたらええんや!

どーも、現在世界一周中、九カ国目インドにいるけんじろうです! 

ブログをぜんぜん更新しないまま、ようやく更新するのが睡眠薬強盗の記事とか悲しすぎますね。


タイトルだとさもに、引っかかってやった感が出てますが、正しくは


【インドの洗礼】コルカタ睡眠薬強盗にあって、自分のおろかさを呪いつつ、インド人を見ると鳥肌が立つようになってしまった旅行者の物語です。

f:id:nakatarozz:20160926143628j:image

全ての始まりは、バングラデッシュに行くと決めた事だった。

 18日の夜、東海岸の風光明媚な港町、プリーからコルカタ行きの夜行列車に乗りました。

気持ち的に、コルカタは僕にとって通過点でした。 バングラへ行くために立ち寄るための場所。

帰ってくると思っていたから長居するつもりはありませんでした。

バングラデシュも今回は比較的近場のクルナ管区のみに行く予定でダッカには行かないショートステイ

バングラデシュで活動されていた元青年海外協力隊の方にアドバイスをもらいまして決めました。まあ、今の時期に行くのは良く無いと知りつつ、バングラデシュ人と触れ合いたい、小学校や中学校などの学校を見たいと思っていました。 

コルカタに到着したのは、19日の朝でした。そこから、直ぐにバングラデシュ行きのバスを扱ってるバス会社に行きまして、翌日のバスチケットを予約。

その際に早朝しかバスチケットが無いと言われたので、近場のサダルストリートにあるホテルに泊まる事を決めます。

バングラデシュへ行かなければ、サンタナゲストハウスと言う宿に行くつもりでした。この時に、このゲストハウスに行っていればこんな事は起きなかったかもしれません。

ホテルで嘘をつかれる、生まれる猜疑心

地球の歩き方にも載っている有名な安宿がサダルストリートにはたくさんあります。その中でも、パラゴンとマリアと言う宿が値段が安く、そちらが空いてるか確認しに行きました。

実は、マリアと言う宿はバス会社に行く前に一度空いてるか確認しており、そこに泊まるつもりで考えてました。

 f:id:nakatarozz:20160927135130j:image

ぼく「さっきの300ルピーの部屋空いてる?」

ホテルのおっちゃん「300ルピーの部屋はさっき埋まったぞ。500ルピーの、部屋なら空いてる」

あー、やってもたよーと思いながら、

もっと安い部屋を探しに行きました。しかし、安宿はどこへ行っても一杯!他の宿の値段は高い。

これだったら500ルピーはましな方、ということで、仕方ないからさっきの宿に泊まろうと帰ります。

 ぼく「ちょっと値段まけてよ」

おっちゃん「500ルピーの部屋しかないしディスカウントはしない」

そう言われて、連れて行かれた部屋は1番最初に連れて行かれた300ルピーの部屋

空きあるのかよ!!!

 猛然と抗議してなんとか元の値に、してもらいました。

そこで嘘をつかれたという事で猜疑心が生まれて、貴重品を持って外に出ると言う選択に繋がってしまうわけです。

 

いま思うと本当にマヌケですが、Twitterにこんな投稿をしてました。

 

人間、他人事やと思うから引っかかってしまうのかもしれないですね(正確にはマリアというホテルに泊まってました間違えて打ってます。)

 

 

そして、僕の最後のTwitterの投稿はこちら

気持ちは完全にバングラデシュに、行っている(^O^)

コルカタでも気をつけるべきだった(^O^)

 

 次回の投稿は、ついに詐欺師引っかかり、睡眠薬入りのマックのコーヒーを飲むまでお伝えします!!乞うご期待!!

 

 

ようやくのBlog更新とBlog名変更


どーも、建二郎です。

Blogの更新が途絶えに途絶えており、申し訳ないです!

ホーチミンについてから!

なんと!

パソコンの充電器が!

壊れました\(^o^)/

そしてスマホで更新できる事にいま気がつきました笑

アホです。

溜まりに溜まった分に関しては気長に更新しながら思った事を書いていけたらなぁ〜と思ってます。
いま、もう3カ国目に来てるし!笑


加えて!

Blog名前変更します!

非常押し続けると外部に連絡します。
↓から
〜けんじろうの教育実習記〜世界一周できるかな?

に変更いたします。
すごくまともになりましたね、はい。
色んな人からBlog名分かりにくいと言われてたのでまあ、心機一転やっていきますよ!ちゃんと更新していける事を祈っててください!
今回の旅は、特に人に会って話を聞く事に重点を置いていたのですが、自分が本当に望んでいるのは、実際にその国の教育現場を見たい!という気持ちでした。また、さらに自分が子供たちに何かを伝えられたらいいと気持ちもあります。今回の旅のどこかでそれを実現させる事が出来たら本当に幸せだと思いつつ前に進んでいけたら良いなぁ!
おまけ
ピニャータのある風景
f:id:nakatarozz:20160527202747j:image
写真はフィリピンにて、ピニャータをしていた人たちの写真。
ピニャータとは、メキシコや、アメリカのカルフォルニアとかフィリピンで残っている、動物の形をした中にお菓子やお金が入ってる物を目隠しをして叩き割るというパーティなどの定番の催しです。
(多分そうだったはず)
選挙間近という事もあり、どっかの候補者がやってました。f:id:nakatarozz:20160527202734j:image
フィリピンのピニャータは動物の形の物を叩き割るわけではないが、中にはお菓子やお金が入ってます。
f:id:nakatarozz:20160527202756j:image
叩き割った瞬間に子供達が駆け寄る姿はすごい勢い。

f:id:nakatarozz:20160527202804j:image
f:id:nakatarozz:20160527203303j:image
まだ3カ国目ですが、やはりフィリピンは勢いのある良い国でした。もちろん色々な問題を抱えてはいるし、治安の悪さもピカイチだけど、人々の暖かさはピカイチだったなぁと思います。この風景を見るために戻りたいなぁと少し思いました。いつかね。
f:id:nakatarozz:20160527203312j:image