〜けんじろうの教育実習記〜世界一周できるかな?

【世界を舞台に教育実習】をテーマに途上国の教育を学ぶ世界一周をします!世界一周に関する情報・日記を書き連ねていきますよ!

【世界一周】ルートとテーマが決まりました!!

 

どーも、中村です!

ついに粛々と続けていた世界一周に関する決定事項をシェアしていきます!

 

ルートはどうやねん!

 ルートはこちら、途上国を巡っていくつもりなんでこんな感じでっすね!

 

 

フィリピン→タイ→マレーシア→バングラデッシュ→インド→ネパール→インド→オマーンアラブ首長国連邦→エチオピアからアフリカを縦断で南アフリカケープタウンを目指す。→アルゼンチン→ボリビア→ペルー→コロンビア→アメリカ→カナダ→帰国

www.google.com

 

そして旅のテーマも決めました。せっかく一生に一度の旅ならば、テーマを決めて回ってみたい。そう思って決めたテーマはこちら!!

 

 【世界を舞台に教育実習!? 教育について考える旅】

 

あれ、これどっかで見た事ある??と思われた方、間違ってはいません。

 

tabippo2016.com

そう、これはTABIPPO2016で掲げたテーマと同じです!( なぜ、紋付袴なのか理解できないと散々ディスられたし、一位から三位まで落選ってどういう事や

 

しかし、、、、内容は変わりました。

 

今回の旅は、学校を回り日本語ボランティアとして活躍という枠から外れ、もっと根本的にある教育の姿について調べていきたいと考えています。

 

そこで、JICAの現地事務局や

www.jica.go.jp

青年海外協力隊の方にお話しを聞きながら世界を回り

www.jica.go.jp

現地で活躍する日本企業の方にもお話しを聞けたら良いなと考えております!

 

この旅の目的はなにか?

 

Ⅰ. 発展途上国で行われている教育のあり方がどのようなものか

 

Ⅱ. 日本はどのように途上国に対して支援をしているのか

 

Ⅲ. 途上国から日本が学ぶべき事はなにか

 

以上三点について学びぶことを目的としています

 

 

Ⅰ 教育とは国の根本に位置するもの!しかし、教育を与えるための制度を作る事や人を育てるには当然時間が掛かります。発展途上にある国ほど、教育に時間とコストをかけられない状態にあり、設備や制度などの面で先進国に劣っているという話をよく聞きます。実際にどのような状態にあるのか話を伺いたい!

 

Ⅱ そんな状態にある途上国について日本はどのような支援をしているのか、そしてその支援はうまくいっているのか(JICAによるODA)。また、途上国の教育制度の問題点の多くは教育制度以外の面において社会基盤が不十分な事から起こっています!

 

つまり、教育関連のプログラムを一つやったから解決というわけではなく、様々な観点から問題解決に向かっていかなくてはいけません。その事から複眼的な観点からJICAが行っているプロジェクトについてお話しを伺いたいと思っています!

 

加えて、現地で活躍している企業の方からもヒアリングを行いたいそれにはBOPビジネスが関係しています。

BOP(Base of the Economic Pyramidビジネスとは何か?

https://www.bop.go.jp/bopから引用

 

BOPビジネスの定義については、多様な議論、考え方が存在します。しかし、ここでは一番広く考えられている説明の仕方を用います。

 

途上国におけるBOP層を消費者、生産者、販売者のいずれかを対象とした持続可能なビジネスであり、現地における様々な社会的課題(水、生活必需品・サービスの提供、貧困削減等)の解決に資することが期待される、新たなビジネスモデルの事

f:id:nakatarozz:20160320235421j:plain←この四十億人がターゲット

 

ビジネスではありながら、貧困削減に対してアプローチする事が出来るビジネスも生まれて来ており、このビジネス形態に関しても深く知りたいと思っているからです。低所得者の金銭的負担が減り、子供大学まで行かせることが出来るようになったケースもあります(グラミン銀行)。

しかし、もちろんBOPビジネスといえど万能ではなく、その優位点だけではなく、問題点についてもフォーカスを当て実際にどのようにソーシャルビジネスが機能しているのか?を現地でヒアリングしたい!

 

 ムハマド・ユヌスさんの有名な本読んでいる途中ですが、面白い。ユヌスさんはBOPビジネスとソーシャルビジネスを区別しているみたいです。

www.amazon.co.jp

Ⅲ 本当に私たちは途上国に与えるだけの存在でしょうか?科学技術の進歩により、便利に暮らすことは可能になりましたが、その分失ってしまった事もあるはず!途上国から日本人の自分が学べる事あると思います!それを知りたい!

 

 

以上が旅のルート・テーマになります!

 

もちろん、現在は机上の上での練り上げたものでさらなるブラッシュアップが必要になると思いますが、これから出発までの二週間、自分が作ったこの計画に向かって猪突猛進頑張っていきたいですね!おわり

 お読みいただきありがとうございました!

建て二郎