読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜けんじろうの教育実習記〜世界一周できるかな?

【世界を舞台に教育実習】をテーマに途上国の教育を学ぶ世界一周をします!世界一周に関する情報・日記を書き連ねていきますよ!

【フィリピン留学】韓国人は日本人の100倍留学していた。韓国は僕が思ってたよりスゴカッタ!

世界一周 フィリピン

どーも、建二郎です!UST篇での気づきをシェアします。

大学教育についての話、学歴についての話を加えた話をします!

(写真は、大学内の教会綺麗だったので)

f:id:nakatarozz:20160425014207j:plain

昨日の記事に関連する登場人物が出てきます。読んでいない方は、以下を参照ください

 

tabiton.hatenablog.com

 

 

【フィリピン留学】韓国人は日本人の100倍留学していた(単純計算)

 

 

これは、ちょっとしたタイトル詐欺かもしれません。なぜならUSTに限っての話だし、短期留学者を含めてないからです。

 

おそらく、語学研修の留学生を含め、トータルで計算すると状況は変わるでしょう。

けど、ある意味、何かを物語っているかもしれないと思ってシェアします。

 

~話は、UST訪問を終えて、チャオキンという中華チェーンのお店でご飯を食べていた時にさかのぼります~

 

f:id:nakatarozz:20160412224024p:plain「そういえば、USTの日本人留学生ってどれくらいおるの?」

 

f:id:nakatarozz:20160425013307p:plain「あー、僕含めて、二人だけですね!」

f:id:nakatarozz:20160412224024p:plain「へー(まあ、そんなもんかな)」

f:id:nakatarozz:20160412224024p:plain「一番多い留学生の国はどこ?」

f:id:nakatarozz:20160425013307p:plain「韓国です」

f:id:nakatarozz:20160412224024p:plain「何人くらい?」

f:id:nakatarozz:20160425013307p:plain「200人ですね!」

 

 

f:id:nakatarozz:20160412224024p:plain「ええええええ、日本人の100倍じゃないか!?」

 

はい、果たしてこの会話形式が必要だったのかわかりませんが、

韓国の方が留学生数は圧倒的に多いです。

 

なんか、この時、日本に対して猛烈な危機感が湧き上がってきました。だって、あれだけ、グローバル化とか言ってて、日本国内の市場も少子化で減少していくわけで、これからは海外の顧客を手に入れていかないわけですよね。

 

にもかかわらず、この状況ってどうなの?

日本人と韓国人の留学状況について調べてみようと思いました。これから推察していきます。

 

まずは日本人が海外の大学へ進学する割合はどのくらいなのかを調べる

 さて、近年日本の若者が内向き傾向にあると言った話をよく聞きますが、実際にはどうなのでしょうか?

これは平成27年に文科省が出したデータです。ピークの2004年の8万人に比べれば数は二万人ほど下ですが、2012年と比べれば、2013年は少し持ち直しています

f:id:nakatarozz:20160425211729p:plain

文部科学省『日本人の海外留学状況』

http://www.mext.go.jp/a_menu/koutou/ryugaku/__icsFiles/afieldfile/2015/03/09/1345878_01.pdf

上記のデータは短期・中期を含めた総数ですが、それでは長期ではどれくらいでしょうか?

f:id:nakatarozz:20160425213853p:plain

一年以上留学する人の数は1713人でした。

あれ、少なくね。。。

 

一方韓国はどうなのでしょうか?

ユネスコ統計研究所が200個以上国家及び地域の留学生数を集計した統計を見つけましたソースは以下のサイトです。

この調査では、学位取得を目的で大学(短大含む)や大学院に1年以上留学した学生を対象に行い、交換学生は含めていません。

韓国人の留学生数は約12万3千人と記載されていますが、もし本当なら人口比率で見れば、韓国の留学率はぶっちぎりの一位でしょう。

 

しかし、日本が23位で三万人となっているところが分かりません。文科省のデータは1713人でした。なんで数字が違うんだろう?(だれか教えてください!)

 

kankokunohannou.org

元ソース

news.naver.com

学歴社会韓国、英語を勉強しなくてはいけない理由

なんでこんなに韓国は留学生数が多いのでしょうか?

それは、韓国の切実な事情がありました。

 

理由①国内マーケットが小さいために必然的に海外に出なくてはいけないため、英語能力が必須。

 

理由②強烈な学歴主義なため、大卒でなくては就職できない。国内の大学の競争が激しいため、海外の大学へ留学する選択になる。(海外就職も視野に入れていると必然的)

 

理由③アジア通貨危機でひどい目に有った。

 

理由①について説明すると、

韓国は国内総生産の80%以上を海外貿易に頼っている状況らしいです。そんな中で英語を話せなくて生き残れないと言うわけで、観光人は幼少期から英語教育にフォーカスしています。幼稚園の先生は英語ペラペラのアメリカ帰りの先生を採用し、子供たちに英語を教えていますし、小学校三年生時から英語教育が始まるものその様な状況に対応しているのではないでしょうか。

 

理由②についてですが、

【世界の大学進学率】

【単位:%】

順位国名2014年
1 ギリシャ 110.16 1
2 韓国 95.34  
3 フィンランド 91.06 1
4 ベラルーシ 88.85  
5 米国 88.80 1
6 スペイン 87.06 1
7 オーストラリア 86.55 1
8 プエルトリコ 85.33 1
9 スロベニア 85.22 1
10 チリ 83.81 1

世界の大学進学率 国際比較統計・推移 - Global Note

これをご覧いただけるとわかりますが、韓国の大学進学率はものすごく高いです。韓国では熾烈な受験競争に勝ち抜いて、学歴を獲得しなくては、就職が出来ないという大きな理由があるのです。

韓国は極端な学歴社会であり、李氏朝鮮科挙の合格者、学者が政治権力をも握る高級官僚となり、立身出世への関門であったため、その伝統が今日にまで関係していると考えられる。

日本では専門学校で教える内容も韓国では大学(2,3年制大学が中心)で教えているという面もある。又、高校受験がなくなり内申点による実業高校と一般高校の振り分けのみで一般高校には私立・公立の差や一般高校間での格差が無く、一般高校の高校生は全員が進学を希望する。

 

大韓民国の入学試験 - Wikipedia

また、国内の難関大学に合格しても、安泰ではないそうです。

高学歴でも就職できずに犯罪に手を染める人も多いそう。

www.recordchina.co.jp

だから、こそ拍が大切というわけで、海外の大学への進学を望むという事もあるわけです。

理由③アジア通貨危機ご存知ですか?説明するのもあれなので分からない方はWIKIをご覧ください。アジア通貨危機 - Wikipedia

 

1997年にアジア通貨危機が起こったとき、韓国ではウォンが大暴落しました。その結果、外貨建ての債務が一気にふくれあがって返済不能に陥り、韓国は事実上の国家破綻に追い込まれてしまいます。多くの企業が倒産し、生き延びた企業もリストラやコスト削減を強いられました。内需が落ち込み、不景気の嵐が吹き荒れる中、韓国の企業も人々も、海外に活路を見出す必要にせまられたのです。

グローバル化を目指す大企業に入社する、あるいは海外で進学→就職するためには、高い英語力が必要です。そのため韓国では、できるだけ早いうちから英語を習得する=早期英語教育がますます注目を浴びるようになったわけです。

引用元http://bilingual-kids.net/archives/20969979.html

アジア通貨危機でひどい目にあった韓国は反省したんですね。

 

以上の三つの理由から韓国では英語教育が盛んになっています。

日本人はどんどん内向き志向になっているって話ってどうなんですかね。最初のデータだけ見ていたら、そんな気もしますが、以前に比べて、子供割合が減っていることも考えたら妥当なのかもしれません。

しかし、グローバル化が進んでおり、後20年ほどしたら韓国の国際競争力に脅かされる状況も予感もします。

しかし、日本もただ手をこまねいているだけではない!!!

トビタテ!留学JAPANなどの留学支援のプログラムを2013年10月より始めています。官民共同の「留学促進キャンペーン」です。合格すれば、無償給付型の奨学金がもらえる等、素晴らしい!

www.tobitate.mext.go.jp

日本が輝ける国として、韓国とは良いライバルでやっていけたらいいですね。それでは!

力尽きたので終わりにします!それでは!

建二郎 3296文字

 

余談ですが、カラオケ店に行ったら韓国語で表記された大量の曲

 がありました、日本語のはめっちゃ少ないです。フィリピンに対する韓国の影響力は中々強いし、SONYよりSAMSUNGって感じです。

それに伴ってなかなかシビアな問題も発生しているらしいですけど、それはまた今度、お話ししますか。

www.sankei.com