読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

〜けんじろうの教育実習記〜世界一周できるかな?

【世界を舞台に教育実習】をテーマに途上国の教育を学ぶ世界一周をします!世界一周に関する情報・日記を書き連ねていきますよ!

【強襲の詐欺師】コルカタで睡眠薬強盗にあったらどうなるのか?実際にあってみた!②

どーも、けんじろうです!前回に引き続き睡眠薬強盗に遭遇したお話です。

反響が大きくて、びっくりしました。更新はゆっくりです!気長にお待ち下さい

 

前回の記事

tabiton.hatenablog.com

 

風光明媚な観光地、そこに詐欺師はいた

夜行列車でやって来たばかりで少し疲れていましたが、外を散策する事にしました。なんたってベンガルバングラとどれほど違うのか見てみたいという気持ちがあったのです。

サダルストリートの安宿に荷物を置くより持っていた方が安全と考えたため、貴重品を持っていく事にしました。

 

f:id:nakatarozz:20160929170101p:plain

散策していると、なんだか大きくて立派な建物が見えてきました。

 

ビクトリアメモリアルというのがこの場所の名前です。ここの芝生に寝転がってゆったりとしていました。インドにしては小奇麗な場所で、中々素敵なところです。

 

芝生でゆっくりしていると、、、、

 

???「あのー写真とってもらっていいかな?(英語)」

 

小太りのインド人(以下小太りと書きます)に声をかけられます。観光地で写真をお願い事はありがちなので快く引き受け写真を撮ってあげると、感謝を言って去っていきました。

 

 

ここから恐怖の小太り劇場が始まります。

 

f:id:nakatarozz:20160930015428p:plain

※画像はイメージです。犯人の髭もターバンも着けていませんでした。腹が立つインド人の画像を探したらこいつが出てきました。

 小太りが言った、外国人を騙すのは良くないと

なぜかもう一回帰ってくる小太り

小太り「もう一回写真とってもらってもいいかな?」

 前の写真が気に入らなかったのかと思って写真をもう一回とってやると、出身は何処かとか聞いてきます!写真撮った後に色々聞いてくるインド人にありがちなパターン。

小太りはバンガロール(南インド)出身の旅人と言っていて、ジョードプル、アーグラ、デリー、バラナシを旅してきてコルカタに来たと言っていました。

そして、サダムストリートの3000ルピー宿に泊まってると言ってましたねそういえば。

天気が徐々に悪くなってきてじゃあ宿に帰ろうかとなった時に、


奴が言いました。「せっかくにインドに来てくれたのだから、コーヒーでもご馳走させて欲しい」

「良かったらマックにいかないか?」

この際、別にマクドであろうがマックあろうが表している場所はただ一つ

マクドナルドです。

f:id:nakatarozz:20161002181437p:image

パークストリートのマクドナルドこそが、僕が被害にあった犯行現場です。

その時、マックに行くのは悪くないかなと思ってしまいました。別に奢ってくれなくていいから、マックへ行こうかと言って一緒にマックへ向かったわけです。

タクシーを捕まえる算段で、タクシーと交渉してくれた彼は、ドライバーを相手に怒り出します。

その理由は、

「インド人だったら100ルピーで行ける距離を相手が外国人だったら、もっとお金を取ろうとする。そういう事をするのは良くないと思う」

 

いい事言うやん!けど、、、

お前が言うなーー!!!

いまだったら大声で言ってやりたい。

 

途中雨が降ってきて、、、

タクシーでマックへと向かいます。タクシー代はあいつが出しました。

到着後、奴がコーヒー買ってくるからと充電中のスマホ見ていてくれと言ってケータイを置いて行きました。

この時にふと睡眠薬強盗の話は頭に過ぎったのですが、

「まさか、自分がかかる事はないだろう」と思ってまいましたね。

奴が持ってきた、コーヒーを一口飲んで、アレ、苦いなんかおかしいぞ。

っと思った時には記憶を失っていました。

起きたのはおそらくそれから、3、4時間後。

おそらくと言ったのは、事件の前後の記憶が酷く曖昧だからです。

この後、身につけていたメガネまで奪われた僕は、朦朧とした頭と目で必死にポリスを探す事になります。

 

小太りの怪しかったポイントを列挙してみた!

それでは、小太りの怪しかったポイントを挙げて行きましょう!

 

怪しかったポイント①英語が聞き取りやすかった!

インド人って英語出来るとか聞きますけど、奴らの話す英語ってホンマに聞き取りにくいです。そんな中で奴の英語はとても聞き取りやすく会話しやすかったです。騙すために聞き取りやすく話している可能性もおそらくあるのでしょうね!

怪しかったポイント② 家族への愛を語っていた!

いい人アピールだとおもうんですが、頻繁に家族の話をしていました。自分は家族の事が好きだとか、みんなに早く会いたいし、コルカタは故郷じゃないから辛い、父親も母親も尊敬してる的な事も言っていました。

今思えば、脈略なく言ってたのでその不可解さに気がつくべきでした。

怪しいポイント③ ご飯奢ると言っており、羽振りが異常によかった!

「君は海外からやってきたお客様だからインド人としてご馳走してあげたい」

これは小太りが言っていた言葉です。

いま、思えば怪しすぎだよなぁ〜。

また、身なりもしっかりしていて、ケータイも二台持ち、インド人の中でもお金持ちなのだと思ってしまって、金持ちのインド人だから、セコセコしてないのかなと思ってしまいました。単純に心を許させる為にしてたんでしょうね。

 

怪しいポイント④ 雨が降ってきてから急いでいる様子だった。

雨が途中で降ってきた後、こちらの行くの面倒くさい雰囲気が伝わったのか、焦ってタクシーを拾おうとしていました。

いま思えば、獲物を逃さない為に必死にタクシーを探していたんでしょうが、この時は親切で探してくれてると思ってましたね。

 

睡眠薬強盗を避けるポイントは?

 

 

ちなみに、今回の似たような場所で、事件にあった友達のブログです。彼もパスポートの被にあっており。詐欺師の言っていることもとても類似しております。グループ班もしくは同一犯の可能性もあります。興味がある方はご一読下さい。

 

 

 こんなありふれた手に引っかかるかよ、そう思っている人が一番危険です。

 

 

はい、私です(実体験)

気をつけるポイントは、

簡単なようで難しいですが。

 自分は大丈夫だと信じすぎないことではないでしょうか?

自分はもう何ヶ月も旅してきたという過信が、直感を鈍らせたように感じます。

自分はインドの事を何も知らないと言う謙虚さで旅を続けるのがベターですね。おそらく!

 最後までお読みいただきありがとうございました!

さて、次回は睡眠薬強盗あった直後にポリスステーションに行く話をかけたらいいなぁ〜